Tダイ押出フィルム成形-Bax株式会社 会社情報

Bad Ass Extruder

Bax宣言書

サステイナブルの言葉が先導する「地球を大切」にというセオリーが浸透し始める中、優しい素材、多機能、高機能で繰り返し使える素材の開発が盛んになり私共のコンパウンディング事業とフィルムシート成形事業がお役に立てていると実感しています。社名の Badass  Extruderは良い意味でクレイジーな個性ある押出技術集団として 未来の素材作りに貢献する使命感をもとに、技術と環境を豪速で作って日本のチカラ、国力をあげていきたいと思っています!  Baxは毎日進化します!

会社名

Bax株式会社
代表取締役    北田博樹
専務取締役    奴留湯浩二
           (ぬるゆこうじ)

事業所

本社
〒580-0032
大阪府松原市天美東2-138-1
tell   072-284-8024
fax   072-284-8224
 
関東営業所
254-0018
神奈川県平塚市東真土2-9-49

資本金

600万円
 

関係会社

 
 

事業内容

Tダイ押出フィルム成形の試作・少量産の受託
ホットメルトコーティング、フィルム成形、粘着加工、塗膜加工受託
2軸混錬押出コンパウンディング(スーパーハイプラ、バイオマス)
機能性製袋、変型袋加工受託
超音波加工
半折加工
フィルム工業材料販売
プラズマ表面処理やコーティング・スリットなど
 
 
 

経営理念ATOM

A  Accept--------------ありのまま素直に受け入れる強さ
T  Think Plus----------プラス発想
O  One Little Step-----小さな一歩
M  Motive--------------楽しむから知恵が出る

 

行動指針

僕たちは新しく生み出される素材改良や工程改良の世界一のパートナーとして!、
マスプロダクションまでの引継ぎ役として!、
10年、20年後の美しい地球、
豊かな未来に向かって大きな信念と輝かしく楽しい気持ちと、この仕事を出来るカッコイイ自分を長く続けれるように日々尽力していきます
 

 

 
 
 
 
沿革

2021.04

クリーンルーム フェーズ3完成

2021.03

2軸混錬押出装置導入

2020.01

小型Tダイ押出製膜試験機100㎜幅 導入

2019.04

大型連続トムソンマシン(最大1300mm幅基材対応) 導入

大型乾燥器(最高温度300°C 内容量4000L) 導入

2018.12

Tダイ 500°C対応ダイス 導入

クリーンルーム フェーズ2 完成

Tダイ 低吐出スクリュー 導入

Tダイ エアーナイフ 導入

Tダイ 真空ポンプ 導入

Tダイ フッ素タイプキャストロール 導入

連続押出フィルム成形を実現するために恒温ホッパーを2機増産

2017.10

3軸目のラミネートユニットをTダイ押出成形装置に設備

2017.8

Tダイ押出成形装置にラミネートユニット追加設備(2軸目)

2017.4

高精度超音波接着巻き取り装置を設備

2016.10

クリーンルーム フェーズ1 完成

Tダイ押出フィルム成形装置を設備

2016.04

本社移転(現在の大阪松原市)

2015.02

ホットメルトコーティングラボを設備

2012.04

Bax株式会社創業

社長 北田博樹

専務 奴留湯浩二 

 
 

前工程、後工程も安心して
機能性二次加工 機能性二次加工

易接着など前処理、スリットやシートカットなどの後加工も様々な装置を駆使してワンストップを追求する。
自分達の使命はユニバーサルな未来モノづくり。
 
 
 
有孔・穴あけ加工
大型連続打ち抜き加工
 
サイドシール加工
 
巻取り加工 
  
  
コロナ処理
コロナ処理
 
 
 
スリット加工
スリット加工
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
  
 
インフレーション
フィルム販売
 
  
シートカット加工
  
 
クリーンルーム環境